トピックス

2017年11月12日
八千代座見学&山鹿灯籠踊り定期公演

こんばんは!
今日は山鹿の観光スポットをご紹介します♪
「八千代座」は、明治43年、町の旦那衆が設立した芝居小屋。
木造2階建ての建物に枡席、桟敷席の客席や廻り舞台、スッポン、迫りなど江戸時代の歌舞伎劇場の造りを残しており、現在も坂東玉三郎さんをはじめ多くの役者さんたちが舞台を飾ります。
八千代座見学では、八千代座の案内人が舞台の裏側など、八千代座の見どころを楽しくご紹介。
そして舞台上では、国指定伝統的工芸品「山鹿灯籠」を頭に掲げた女性が優雅に踊る「山鹿灯籠踊り」を披露します。
●場 所 八千代座
●内 容 八千代座見学、山鹿灯籠踊り鑑賞
●実施日 平成29年4月〜平成30年3月
●開演時間 11時・14時(1日2回/約60分)
●料 金 大人520円、小・中学生260円(団体割引大人420円 小・中学生210円)
山鹿に立ち寄りの際は是非ご観覧下さい(*’▽’)