レンタカーで事故 を起こしてしまったら?

レンタカーで事故 を起こしてしまったら?
レンタカーを借りて、楽しい旅行・楽しいレンタカーライフ。その時「交通事故」 自動車の交通事故は突然やってきます。
レンタカーで事故を起こしてしまったら、起きたことより事故への対処をどうするかお伝えします。

レンタカーで事故 を起こしてしまったら?

「レンタカーで事故を起こしてしまったら…」そんなことを考えた事はないでしょうか?

交通事故(自動車事故)は突然やってきます、自分が事故をおこさなくても相手の事故をもらう、そう、レンタカーを運転していても事故を起こさない可能性なんて全くないですよね…

追突など事故… 安全運転していても信号で後ろから追突されます。

レンタカーも自動車、道路を走行している以上、道路上に車がある以上、事故の可能性は少なからずあります。

今回は事故を起こしてしまった場合、事故に合ってしまった場合の方法をお伝えしたいと思います!

大きく次のようなコトが問われます

  • 責任
  • 補償

責任は場合によってはレンタカーを利用したあなた自信にふりかかります。
補償についてはレンタカー利用時にある契約手続きをすることで未然に防ぐことができます。

ただ、レンタカーで事故を起こしてしまったら自己解決せず必ずレンタカー会社さんへ相談をしてください

レンタカーのプロのレンタカー会社さんは親身になってくれるはずです。

 100yen-rentacar.jp 
レンタカーなら10分100円からの100円レンタカーブログ
https://100yen-rentacar.jp/blog/index.php/2018/04/28/post-72/
レンタカーなら10分100円からの100円レンタカーブログです

レンタカーで事故をした場合の責任

レンタカー利用をしていて万が一事故をおこしてしまった場合、みなさんが一番気になる部分だと思いますので自己責任についてお伝えいたします。

刑事責任

交通事故によって怪我をさせたり、相手が亡くなってしまったような場合には刑事責任を負う可能性があります。

単純な不注意で起きた事故で人を死傷させると、通常は「過失運転致死傷罪」(自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律第5条)に問われることになります。

その法定刑は7年以下の懲役若しくは禁錮又は百万円以下の罰金と、決して軽いものではありません。

行政上の責任

このような刑事責任とは別に、たとえ交通違反がなくても、事故を起こしたこと自体によって違反点数が付加され、場合によっては免許停止などにつながってしまいます。

そして、怪我した相手の治療費や壊れた車の修理費用を弁償しなければならないのは、通常の事故と同じです。

ここまでは普通の事故と同じですが、レンタカーの場合、以下の責任も発生します。

民事責任

さらに、借りていた車も壊われてしまった場合には、レンタカー屋さんに生じた損害も賠償する必要があります
車自体の修理費用や、車の修理が終わるまでの営業損失(その車を貸すことで得られたはずの利益が失われた、という意味です)、などが考えられます。

もっとも、このような「お金を支払う責任」については、保険によって支払いを肩代わりしてもらえる可能性があります。

以上の責任が問われてしまいます。

レンタカーで事故を起こしてしまった時の補償について

対人補償

他の人に怪我をさせてしまった場合の補償
※補償は無制限が多い。

対物補償

他の人に怪我をさせてしまった場合の補償
※補償は無制限のものもあるが、3000万円等上限額があるものもある。

車両補償

借りた車が壊れてしまった場合の補償
※通常車両時価額までとされているものが多い

(通常車両時価額…その時点での車両の価値、相場ではない)
これらの保険は大事なのでレンタカーを借りる際には必ず確認してください。

免責額

「対物補償」「車両補償」については免責額が定められています。

支払わなければならない賠償額のうち、免責額までは利用者が支払い、それ以外の部分はレンタカー屋さんが支払う、ということです。

またその免責額についても免責補償制度というものがあり、免責額についても免れることができます。1日あたり1,000円などで加入できるところが多いです。

ノン・オペレーション・チャージ

もっとも、この「免責補償制度」に加入していても、レンタカー屋さんがしばらく車を使えなくなる「営業損害」については補償してもらえません。通常は「ノン・オペレーション・チャージ(NOC)」という名称で、自走できる場合は2万円、自走できないほど壊れていると5万円など定額の支払いが定められています

レンタカーを運転中に実際に事故にあってしまったら

車を安全な場所に移す、怪我人の確認、救急車の手配、警察への連絡といったことが最優先なのは、普通の交通事故と同じです。

さらに、レンタカーで交通事故を起こしてしまった場合には、車を貸してくれたレンタカー屋さんにも必ず連絡してください。今後の対応について相談できます。

まとめ;レンタカーで事故 を起こしてしまったら?

いかがでしたか<
今回は事故を起こしてしまった場合、事故に合ってしまった場合の方法をいくつかお伝えしたしました。

お伝えした通り「責任と補償」が問われますが、
補償についてはレンタカー利用時にある契約手続きをすることで未然に防ぐことができます。

ただ、レンタカーで事故を起こしてしまったら自己解決せず必ずレンタカー会社さんへ相談をしてください。

レンタカーのプロのレンタカー会社さんは親身になってくれるはずです。

補足:次に100円レンタカーによる事故の対応についてお伝えします。

100円レンタカー利用のレンタカーで事故 を起こしてしまったら?

事故の際、気が動転していると思いますし、冷静な対応もなかなか難しいかと思います。

まずは事故を起こした所轄の警察に連絡をしてください。

警察への連絡を怠ると保険保障制度の適用が受けられません。
その後、レンタカーを借りた店舗へ連絡をしてください。
もし深夜など営業時間外の場合は翌営業時間に連絡をください。

その後、専用のコールセンタへご連絡ください。
店舗へ連絡つかない場合はコールセンターへの連絡をしてください。

専用コールセンターとは?

このコールセンターではロードサービスや保険会社と連携してお客様をサポートします。

しかも煩わしい案内もありません!

電話をかけて頂ければすぐに専門スタッフと話せます。

万が一の事故にも万全の準備をして皆さまをお待ちしています!