レンタカー1ヶ月借りるといくら

ご存知ですか?マンスリーレンタカー

皆さんは、「マンスリーレンタカー」という言葉を聞いたことがありますか?

「マンスリーレンタカー」とは、読んで字の如く、1ヶ月間の長期レンタルが出来るレンタカーのことです。

  • 社用車や営業車として
  • 介護施設や医療施設の送迎車として
  • 建設現場への移動車両として
  • 事故の修理代車として
  • 車の買い替えなどの納車までの代車として
  • 長期出張の期間中だけ車が必要
  • 長期休暇期間中の移動手段として
  • 学生なので車のローンが組めない

・・・など。

多様化する消費者のニーズに合わせて、レンタカー会社各社が「マンスリープラン」というお得な料金体系で取り組みを始めており、個人・法人を問わず利用が増えてきています。

長く借りた方が料金はお得

中古車レンタカーで顧客満足度第1位の評価の100円レンタカーを例に見てみましょう。

軽自動車なら通常、日額3,900円×30日=117,000円のところ、マンスリープランだと月額77,400円となります。

差額はなんと39,600円!

日数で換算すると、20日分の料金を切っています。
大手レンタカー会社をはじめ、格安の中古車レンタカー会社でも、その多くが20日分程度の料金設定になっているようです。

20日以上借りるなら、マンスリーレンタカープランのあるレンタカーを選んだ方が良いでしょう。

マンスリープランがないレンタカー会社でも、交渉次第では割引をしてもらえる事もありますので、事前に相談してみましょう。

マンスリーレンタカーの注意点

長期間にわたって借りるということは、その間の車両の管理責任は借り手にあるということです。
当然ながら、車に乗る前の日常点検は欠かさないようにしてください。
エンジンや車の装備の不具合や異常を感じた場合は、速やかにレンタカー会社へ連絡のうえ、指示を仰いでください。くれぐれも、故障したまま乗り続けないようにしましょう。

また、駐車違反にも注意しましょう。駐車違反があった場合は速やかに出頭し、反則金を納付し、レンタカー会社に報告します。
違法駐車や他人の敷地への駐車、路上放置はもってのほかです。

使用者責任をしっかりと全うしましょう。

レンタカー会社選びは慎重に

価格の安さにつられて、安易にレンタカー会社を選ぶことはおすすめしません。
中にはメンテナンスを怠った粗悪な中古車を使用したレンタカー会社もあるからです。
特に長期レンタル中の故障は、仕事や生活に支障をきたします。
しっかりとメンテナンスをしているレンタカー会社なのかを調べたうえで予約をしましょう。
また、故障リスクは新車に比べて中古車の方が高いのも事実です。
あまりにも古い年式の車両は避けた方が無難かもしれません。

2018年のオリコンランキングで、中古車レンタカー部門顧客満足度第1位を獲得した100円レンタカーなら、新車から10年までの年式の車両が揃っていて安心です。
実車予約の仕組みなので、ホームページから画像を見て車両を選べます。
しかも全車売り物なので、清掃や手入れも行き届いていますし、乗って気に入れば購入も可能です。

まとめ

  • 20日以上借りるならマンスリーレンタカーがお得
  • マンスリープランがない場合は交渉してみる
  • レンタル期間中の管理責任は借り手にある
  • 日常点検は欠かさずにやる
  • 不具合や異常に気付いたら速やかにレンタカー会社へ連絡する
  • 価格だけでレンタカー会社を判断しない
  • できるだけ年式の新しいレンタカーを選ぶ

車に対する消費者のニーズは「所有」から「利用」へと年々加速しつつあります。