スタッドレスタイヤのついているレンタカー

ウインタースポーツへのお出かけもレンタカーで

ウインタースポーツのシーズンがいよいよ到来です。

大人数でもカップルでも、周囲に気兼ねなくワイワイ楽しく行けるという理由から、近年ではレンタカーがウインタースポーツの移動手段として大人気です。

そんな中、知っておきたいのが、スタッドレスタイヤ付きレンタカーです。

スタッドレスタイヤとは

雪道・アイスバーンなどを安全に走行するために開発されたタイヤで、寒さに強い特殊なゴムでできています。
雪や氷、凍結した道路でもしっかりとグリップして滑りませんので、雪道では必須のタイヤです。
しかも、雪道以外の通常の路面でも、タイヤ交換することなく、そのまま走行する事ができます。

スタッドレスタイヤ付きレンタカーを借りるメリット

スタッドレスタイヤ付きレンタカーなら、借りてそのまますぐに出発できて戻ってきた後も車をそのまま返却するだけ。とても手軽で快適便利です。

また、スタッドレスタイヤの安全性能や品質管理も気になるところですが、ご安心ください。
レンタカーは貸し出し前の日常点検を義務付けられており、頻繁にタイヤの状態をチェックしています。
溝が擦り減ったり経年劣化した古いタイヤはたちまち交換しますので、タイヤの品質管理もバッチリです。
マイカーとは違って、タイヤの保管場所も不要です。

スタッドレスタイヤはオプション扱い

レンタカー会社によって対応は異なりますが、スタッドレスタイヤはオプション扱いとなっていることが多く、一日あたり2,000円前後の料金が別途かかります。

雪道や凍結した路面をノーマルタイヤで走行するのは大変危険です。
冬場の降雪エリアへ行く際は、スタッドレスタイヤは必須です。
わずかなお金をケチって、大事故を起こしては元も子もありません。

チェーン規制の備えにもなる

雪のエリアでは、チェーン規制がかかる事もあります。

チェーン規制とは、雪道や凍結路面走行において、タイヤチェーンあるいはスタッドレスタイヤやスノータイヤなどの冬タイヤの装着が必要とされる規制のことです。

近年は、スタッドレスタイヤの性能向上に伴い、全車輪にスタッドレスタイヤを装着していれば、チェーン規制が出ていても通行できるケースもあります。

※新雪や圧雪、積雪や路面状況によっては、チェーンを装着しないと走行できないケースもあるので要注意です。

いずれにしても、冬場の降雪地域にはスタッドレスタイヤは必須ですね。

スタッドレスタイヤの標準装備も

地域や季節、レンタカー会社によって対応は異なりますが、スタッドレスタイヤを標準装備にしているところもあります。
北海道、東北、北陸甲信越地方などでは、冬期にスタッドレスタイヤを標準装備にしているところが多く見られます。

注意が必要なのが、冬場に、都心部から山間部や降雪地域に行くケースです。
スタッドレスタイヤの取り扱いがない店舗もありますので、オプションの用意があるかどうかを予約時にたずねると良いでしょう。

まとめ

スタッドレスタイヤ付きレンタカーのメリット

  1. 借りてそのまますぐに出発
  2. 雪や凍結路面の走行も安全・安心・安定走行
  3. 雪道以外でもタイヤ交換不要
  4. 戻ってきた後も車をそのまま返却するだけ

ということで、レンタカーでスノーボードやスキーなどにお出かけするなら、マイカーよりも断然スタッドレスタイヤ付きのレンタカーがおすすめです。

スタッドレスタイヤ付きレンタカーで、安全&安心のウインタードライブを楽しんでください。

ウェブ予約サイトからスタッドレスタイヤ付きレンタカーを一発検索は、こちら