レンタカー初心者と同乗者 について

レンタカー初心者と同乗者 について
「車はないけど車を運転したい!」レンタカー利用したレンタカーライフは誰でも楽しみたいですよね、特に、自動車運転の初心者がレンタカー利用する時どのような点に中止した方がいいのか、ここではレンタカー初心者と同乗者 についてお伝えいたします

レンタカー初心者と同乗者 について

レンタカー利用するにはいろんなルールさえ守れば、自動車免許の初心者でも利用することができます。
そのルールの中にあるのが、同乗者についてです。

同乗者とはどんな人でしょうか?

  • 子どもでもいいの?
  • ベテランドライバー?

答えは「運転経験のあるドライバーとの同乗者」です。

 100yen-rentacar.jp 
レンタカーなら10分100円からの100円レンタカーブログ
https://100yen-rentacar.jp/blog/index.php/2018/04/28/post-72/
レンタカーなら10分100円からの100円レンタカーブログです

初心者の方がレンタカーを借りるには

運転免許を取得したばかりの人がレンタカーを借りようとすると、様々な条件が必要になります。その条件は何なのでしょうか?
さまざまなレンタカー会社の条件を調べてみると免許取得後1年以内はレンタカーを借りるためには条件が必要になってくる事が多いようです。

  • セーフティドライバーの同乗が必要となる場合
  • 免許取得後6ヶ月未満はレンタカー貸出不可となる場合
  • 免責補償に加入できない場合

などが大手レンタカーだけでなく、中古車レンタカーでも同様に条件が必要になってくる場合があります。運転免許取得後にレンタカーを借りたい場合はレンタカー会社に問い合わせるかホームぺージで確認してみる必要がありますね。

免責補償制度についてはこちらのリンクをご確認ください。

セーフティドライバーとは

レンタカー会社が貸し出しの条件として多いのがセーフティドライバーです。
では、レンタカーで言うセーフティドライバーとは何なのでしょうか?
セーフティドライバーとは、運転免許取得後3年以上経過した運転に慣れている人や適切な判断ができる人です。

レンタカーを借りるのになぜセーフティドライバーが必要なのか

では、なぜセーフティドライバーが必要なのでしょうか?
みな様も車を運転していて事故にあいそうになったり、標識がたくさんあって運転の判断が難しかった経験ってありませんでしたか?運転免許取得後すぐの方だと特にそういった状況にであってしまった場合は困ってしまいますよね?
そういった状況ではセーフティドライバーが適切な判断をして、運転の助言や初心者の人が運転をすることが難しい場合、セーフティドライバーが運転自体をかわることで危険を回避します。
そうすることによって、レンタカーをお使いのみな様がより安全・安心にレンタカーを利用してもらい、楽しいレンタカーライフを送って頂くことができます。

セーフティドライバー無しで借りられるレンタカーとは

レンタカー会社によってセーフティドライバー制度を設けていない場合があります。詳しくは各レンタカー会社へ問い合わせてみましょう!!
人によっては「おれは」「わたしは」運転に自信があるから、そんなの必要ないと思っているかもしれません。でもレンタカーの私の経験上、運転免許取得したばかりの初心者の人はたいていどうしようって困ってから後悔するんです。セーフティドライバーをつけとけばよかったって。
より安全で安心なレンタカーライフを送るためにもセーフティドライバーは理にかなった良い制度なんです。

レンタカー初心者と同乗者について まとめ

運転免許取得して1年未満の人がレンタカーを借りる場合、多くのレンタカー会社はセーフティドライバー制度を設けています。それは運転免許を取って自宅の車を運転する際、お父さんやお兄さんなどに横に乗ってもらった経験は皆様もありますよね?それと一緒です。

レンタカーを運転していて未経験の事態に遭遇した際に適切な判断や運転を代わってもらう同乗者になります。
それでは皆さん より安全で安心なレンタカーライフを送りましょう!