【初心者向け】レンタカーのNOCとは

レンタカーのNOCとは?

最近は車を所有せず、必要な時だけレンタカーを利用するという方が増えてるかと思います。旅行だけでなく出張先の移動手段や引っ越し、さらにちょっとした買い物など、より身近にレンタカーを利用する方が増えています。

身近になればなるほど起こってしまうのがレンタカーでのトラブル。事故はもちろんのこと、車庫入れで傷をつけてしまったなど、ちょっとしたことでもレンタカーは修理や補修が必要になってしまう可能性があるのです。そこで請求されるのが「NOC(ノンオペレーションチャージ)」です。

「え!!保険は適用されないの?免責補償に加入したのになぜ???NOC2万円も請求されたけど、どういうこと!?」

こう思われる方がほとんどでしょう。
普段、なかなか聞きなれない言葉ですよね。今回はこのNOCについて解説していきます。

そもそもレンタカーのNOCってなに?

直訳的にいうと
レンタカーとして
が使えなくなること(ノンオペレーション)に対して課される料金(チャージ)ということです。
レンタカーの修理代は保険や免責加入でまかなえます。しかし、レンタカーが使えなくなることによってお店に与える損失を弁償しなくてはならないのです。

レンタカーの保険や免責補償があるから大丈夫じゃない!?


ここで「レンタカーって保険加入しているんじゃないの?免責補償をちゃんと払っているのに何でNCOも払わなければならないの?」と思われる方が多いでしょう。

大前提としてよく「レンタカーの免責加入=レンタカー用の自動車保険」と思っている人が多いのですがそれは大間違いなのです!

自動車保険というのはレンタカーの意基本料金に含まれているものです。
ですから「NOC(ノンオペレーションチャージ)」はレンタカーの基本料金に含まれていないのです。

レンタカーの保険に含まれる補償はなに?

(1) 対人補償 無制限(自動車損害賠償責任保険を含む)

事故によって第三者に怪我や後遺症を与えたり、死亡させてしまったりした場合に適応されます。すぐに治る怪我ならまだしも、後遺症や死亡させてしまうとその補償は大変な額になってしまいますのでこの補償はかなり重要なものになります。

補償例:1名限度額・無制限

(2) 対物補償 無制限(免責金額5万円)

対物補償 無制限

事故によってレンタカー以外のもの(相手の運搬していた商品など)を破損した場合に適応されます。

補償例:1事故限度額・2,000万円まで(免責額:5万円)

(3) 車両補償 1事故限度額時価額(免責金額5万円)

レンタルした車両を破損した場合に適応されます。

補償例:1事故限度額・車両時価額まで(免責額:5万円)

(4) 人身傷害補償 1事故限度額3000万円×定員、1名限度額3000万円

運転者や同乗者が事故によって後遺障害を負ったり、死亡してしまったりしたケースで適応されることになります。

補償例:1名限度額・3,000万円まで

レンタカーの免責補償に加入していればNOCは払わなくて済むの?

残念ながらそんなことはありません。
そもそも免責補償とは何かを理解しなければなりません。

まず、免責金とは何なのでしょうか?
たとえば万が一事故を起こして人を轢いてしまい、相手に1億円の損害を発生させてしまった場合、『対人無制限』なので保険でカバーしてくれます。
ただし、保険を使う場合は次のような注意点があります。

  • “もし保険を使うなら、追加で保険使用料を払ってくださいね”
  • “もし追加でお金を払わないと全額自腹ですよ“

これが免責金=保険を使うためのお金=追加料金になります。

これを追加料金を支払えば免責額を免除してくれるのが「免責補償制度」になります。
よって「NOC(休業補償)」とは全くの別物になります。

レンタカーでNOCを請求される事例と金額

  • ガードレールにレンタカーを少しこすってしまった
  • 車庫入れに失敗して縁石に乗り上げてしまった
  • ドアを開けたら強風にあおられて隣の車に接触してしまった
  • 車同士がぶつかって自走できないほどにレンタカーが壊れてしまった
  • ぶつけた覚えがないのに出発前にはなかったキズやへこみがあった

レンタカー会社によって金額は異なりますが自走できる場合は2万円、自走できないほど壊れていると5万円など定額が定められていますのでレンタカーで出発前に必ず確認しておきましょう。

合わせて知っておきたい、レンタカーで事故に遭った時の対応

レンタカーをいくら安全運転していても事故に遭う確率は決してゼロではないのです。
万が一、レンタカー利用中に事故に遭ってしまったら以下のことを必ず行いましょう。

  • 被害の大小を問わず、必ず警察に届け出ましょう。
    (「事故証明」を取得しなければ、自動車保険を適用できないからです)
  • 出発したレンタカー会社の営業所に連絡して、判断を仰ぎましょう。
    受付時間外であれば、レンタカー会社指定の窓口(コールセンター)に連絡します。
  • 相手のいる事故では負傷者を救護し、必ず名前と連絡先、加入している自動車保険を確認しましょう。
  • 事故発生時の一連の対応は、一般的な事故と同じです。
    決して、レンタカー会社の自動車保険が適用できなくなってしまいますのでその場で示談での解決をしてはいけません。

以上のことが対応できていないとNOCだけでなく、レンタカーの自動車保険まで適用されず、高額な請求になってしまいますのでくれぐれも注意してください。

【まとめ】NOCとは

レンタカーの用語には勘違いしやすいものが多いです。
もう一度整理して覚えておきましょう。

  • 「NOC」とはレンタカーとして車が使えなくなること(ノンオペレーション)に対して課される料金(チャージ)
  • 自動車保険というのはレンタカーの基本料金に含まれているもの
    「NOC」はレンタカーの基本料金に含まれていない
  • 「レンタカーの免責加入=レンタカー用の自動車保険」と思っている人が多いがそれは大間違い
  • 免責金=保険を使うためのお金=追加料金になる
  • これを追加料金を支払えば免責額を免除してくれるのが「免責補償制度」になる
    よって「NOC(休業補償)」とは全くの別物になる

【PR】24時間コールセンター完備!10分100円から借りれる100円レンタカー

24時間コールセンター完備

事故やトラブルの補償はそのままでレンタカー料金を抑えたい方にオススメ!!
もしもの時も安心の24時間コールセンター完備!
人気のあの車種から便利な軽トラまで使う分だけ10分100円から借りれる安心・安全の100円レンタカーがあなたのご近所にあります!この夏、チェックしてみてください!