キャンピングカーも100円レンタカーで

キャンピングカーも100円レンタカーで

キャンピングカーも100円レンタカーで今、レンタカーで一番勢いが増しているのがキャンピングカーのレンタルです。

現状大手レンタカー会社では、あまりキャンピングカーを扱っておらずキャンピングカー専門でレンタカーを貸し出している会社がほとんどです。

100円レンタカーでは一般乗用車に加え、キャンピングカーの貸出も行っております。

キャンピングカーを借りるだけに別のレンタカー会社に行くより、普段使われているレンタカー店で借りれた方が安心ですよね。

大流行のキャンピングカー

大流行のキャンピングカー

コロナ禍においてもキャンピングカー販売は好調である。一方で近年は、キャンピングカーを保有せずに、レンタル車両で楽しむ層も増えており、市場は拡大傾向だといわれている。

特にこの2020-2021にかけて日本人ユーザーが増加している傾向にある。

大手レンタカー会社ではまだ取り扱いがない中、100円レンタカーでは取り扱いを始めている店舗が増えてきています。

レンタカーならキャンピングカーがおすすめ

レンタカーならキャンピングカーがおすすめ

遠出をするにあたり、レンタカーを借りる方も少なくないでしょう。

家族でミニバンを借りることがあれば、キャンピングカーを借りましょう。

大型のミニバンを借りるのとキャンピングカーを借りるのでは、あまりコストは変わりません。せっかく出かけるのなら、キャンピングカーにしませんか?

キャンピングカーおすすめ車種

キャンピングカーには、その形状によって呼び方の種類があります。
それぞれにメリット・デメリットがありますので、用途に応じてどのタイプが自分の使い方に適しているのかを見極める必要があります。
一般的には、「バンコン」「キャプコン」「バスコン」「フルコン」「トレーラー」「軽キャンピングカー」などに分けられます。

キャンピングカーおすすめ車種

キャブコン

「キャブコンバージョン」の略群である「キャブコン」は、トラックなどをベースとしてキャブ(運転席)部分を残し、車体を改造、キャビン部分を取り付けたタイプです。
一般の人がキャンピングカーと聞いて思い浮かべる形態の「ザ・キャンピングカー」的なモデルです。

バスコン

バンコンがバンを改造して作ったのに対し、バスを改造して作ったキャンピングカーが「バスコン」。
室内空間の広さはキャブコン以上でもありますが、キャブコン以上に大きく、取り回しにも慣れが必要になります。

バンコン

「バンコンバージョン」の略称である「バンコン」は、名前の通り、ハイエースやキャラバンを改造したキャンピングカーなど、バンをベースとしたタイプで、日本では最も人気の高いモデルです。
一般のバンのサイズのままですので、取り回しも良く、普通駐車場にも停車可能なため、日常の足としても使える汎用性の高いキャンピングカーです。

フルコン

シャーシ以外はすべてオリジナルという、フルコンバージョンモデル(全改造)の「フルコン」。
0から作り上げるので、自由度や室内の快適性はピカイチ。ただし、購入費用が高くなってしまうのと、サイズもキャブコンよりさらに大きいものが多いため、取り回しの慣れも必要です。

キャンピングトレーラー

車そのもので寝泊りするのではなく、専用のトレーラーに宿泊設備を作りそれを牽引していくタイプが、キャンピングトレーラー。

軽キャンピングカー

その名の通り、軽自動車をキャンピングカーに改造したもの。日本ならではのキャンピングカーで、価格やサイズから導入しやすく昨今人気となっています。
軽自動車がベースのキャンピングカーの為、室内空間は当然狭いのですが、ご夫婦の二人だけなら、また一人旅の気まま旅でゆっくりと出かける為にと、割り切られた方が選ばれるモデルです。

レンタカーとして、取り扱いが多いのはフルコンやキャブコンでしょう。

100円レンタカーでは、各店舗で取り扱う車種が違うため、軽キャンピングカーなども取り扱いがある店舗もあります。(2021年11月現在)

100円レンタカーでキャンピングカーならこのお店で

100円レンタカーでキャンピングカーならこのお店で

100円レンタカー店舗ではキャンピングカーを取り扱う店舗が近年増えてきました。

お近くの100円レンタカー店舗でキャンピングカーを取り扱っているかチェックしましょう!!