レンタカー屋さんへは出発時間の何分前

レンタカー屋さんへは出発時間の何分前

レンタカーを予約していざ借りに行くときは、レンタカー会社には何分前に着けばよいのでしょうか。

「時間いっぱい借りたい!」という方や、「予約時間より早く借りられる?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、レンタカーを借りたときは出発の何分前に到着すればよいのかについてお伝えしていきます。

レンタカーを借りるときは15分前

レンタカーの予約当日は、予約時間の15分前にはレンタカー会社に到着できるよう準備をしましょう。

一般的に、レンタカー会社に到着したらレンタカーを借りる前に出発手続きを行います。

出発手続きの時間はだいたい10分前後を要しますが、混雑している場合はそれ以上の時間がかかってしまうことがあります。

そのため、時間ぴったりに着いてしまうと所定時刻にレンタカーを借りられなくなる恐れがあります。

せっかく借りるなら、時間いっぱいレンタカーを借りたいですよね。

時間を無駄にしないためにも、15分前にはレンタカー会社に到着することをおススメします。

予約時間より早くレンタカーを借りたい場合

レンタカー会社に早く着きすぎてしまったときなど、

「予約時間より早いけどレンタカーを借りたい」と思ったことがある方は多いのではないでしょうか。

結論を言うと、車の貸し出し準備が整っていれば予約時間より早く貸し出してくれることがあります。

レンタカーは基本的にお客様の予約の時間に合わせて貸し出し準備を行います。

そのため、予約時間の30分前や1時間前などからレンタカーを借りたいと思っても、借りる予定のレンタカーが準備中であったり、前の人がまだ借りている場合があります。

車の準備が整っていれば、早めにレンタカーを借りることができますが、それは店舗によって異なるため、電話で確認をしないと分かりません。

そのため、時間より早くレンタカーを借りたい場合は、直接店舗に電話をして相談してみることをオススメします。

※ただし、1時間前など当初より早くレンタカーを借りると1時間早く返却するか超過料金の支払いが発生いたします。

レンタカーをすばやく借りる準備

レンタカーをすばやく借りるためには、必要書類などの事前準備が大切です。

レンタカーの出発手続きには以下の書類が必要です。

【レンタカーを借りる際に必要な書類】

運転免許証

→運転免許証の未提出者が運転すると、万が一事故を起こした場合に「又貸し」と

見なされ保障がききません。そのため、運転する可能性がある人は全員提出しましょう。

現金、クレジットカード

→現金の取り扱いが行われないレンタカー会社もあるので、支払い方法などを事前に

確認しておきましょう。特に現金で支払いの場合、本人確認書類が必要になります。

TCEカード(高速道路を運転する可能性がある場合、持っておくと便利)

運転免許証以外の本人確認書類

→健康保険証、公共料金の領収書、国税・地方税の領収書、パスポート、年金手帳、など

身体障がい者手帳や療育手帳(必要な人)

→持っている場合、手帳の持ち主や介護人への割引制度が受けられる場合があります。

これらをすぐ出せるようにしておけば、スムーズにレンタカーを借りることができますので、準備を忘れずに行いましょう。

レンタカーを借りるなら時間を有効活用しよう

レンタカーを借りるなら時間いっぱい活用したいですよね。

そのため、予約した時間の15分ほど前にはレンタカー会社に到着することが必要です。

また、出発手続きをすばやく終えるために必要書類をすぐに出せる準備をしましょう。

そして、レンタカーを借りた後は返却時間にも気を付けて計画的に行動することで有効的にレンタカーを利用することができます!

100円レンタカーでは10分100円~乗りたい時間だけレンタカーを借りることができるため、時間を有効活用してレンタカーを借りることができます。

また、借りたい時間分だけ借りることができるため、必要最小限で費用を安く抑えることができます。

旅行や出張先などで目一杯レンタカーを利用するためにも準備や確認をしっかりと行っていきましょう。

100円から利用できる格安レンタカー

短い時間でも借りられて、最安10分あたり100円。車を借りるなら100円レンタカーで決まり!

まずは無料の会員登録を済ませれば、全国約350店舗のなかから借りたい時にレンタル可能。

レンタカーなら10分100円からの100円レンタカー|100円レンタカー